2007年02月23日

建売住宅の価格設定

土地を仕入れるのにあたって、建売業者は仕入れ価格を検討します。

土地の形状にもよりますが、きれいに整形地で区割りできればいいのですが、大体は敷地延長形の土地と組み合わせて多棟現場をつくるわけです。

そこに建物をのせて建売として販売します。

建物の仕様によって販売価格は各社それぞれですが、やはり周辺の販売事例によって価格を設定します。

建物は各社によって利益の取り方が違いますが、土地に関しては大体どの業者も価格設定は同じくらいですね。販売に係る諸経費(仲介手数料や登記費用など)はどの業者も同じようにかかりますから、結局はいくらでなら確実に売れるのかという設定が強気なのか弱気なのかで価格設定が変わるのです。
なかには最近の相場の上昇によってかなり高値で販売する業者もあるようです。

建売の販売価格は土地売りの物件と違い、業者によってまちまちです。構造の違いや、デザイナーズ住宅であったり、建売業者の特徴がそれぞれありますから、同じエリアでの建売でも価格の差がかなりある場合もありますね。

いずれにしても建売は注文住宅と比べると購入費用は抑えられます。

応援クリックお願いします!!
不動産に関する情報はこちらで!!人気blogランキングへ

こちらも参加中!!
ブログランキング
posted by home-builder at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

登記費用/登記費用
Excerpt: 登記費用について悩みを解決するには、まずは登記費用についての正しい知識が必要です。そこで、登記費用についての情報を集めました! 登記費用について調べて、登記費用に関する悩みを解消しましょう! 以下..
Weblog: お悩み解消ネット
Tracked: 2007-02-24 09:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。